希望を持てば、免疫力がアップする

昨年、帯津先生とお会いした時、免疫力の話をした
先生は、感染症対策は60点と辛めの評価で、

最初はご自身もワクチンは接種しなくても大丈夫だ、と言っていたらしい

免疫の60%を腸が掌ること脳腸相関といって腸から進化してできた臓器
脳と腸は密接な関係があることその脳と腸をつないでいるが自律神経であることetc.

もし、宇宙が地球が人類が私の未来が
希望に満ちあふれていたとしたら口角は上がっていて
免疫力は高まるであろう

また、免疫力を高めることでウィルスと共存することが可能である
『免疫力に希望がある』をそう解釈した

そもそも免疫は自己と非自己を分けて非自己を認識したら戦い
これを排除するのが免疫の力

早く、ワクチン接種によって全ての人に抗体ができて
人が争うことのない世の中になることを願う
意訳するとこんな感じだろうか

「世界に一つだけの花」と言われても

その肝心なとりえ見つからないので
つい他人と比較してしまう

また、
夢を叶えようとすると
必ず壁にぶち当たる

何かをやろうと決意すると
必ずそれを止めようとして
出来事が現れてくる

そのように見える
なぜなら、人はそのように認識するからだ

あの人のいいね!はいつも
100人を超えていると気になる

99人が馬鹿にしても
たった一人でも応援してくれる人がいたら
それで、いいじゃないか

江頭2:50は好きではないけれど
何故だか、やる気になってくる

スティーブ・ジョブズの
スピーチ「stay hungry, stay foolish」
とどこか共通したものを感じる

一貫した夢や希望を持つ
そのぶれない自分を持つことが
いつしか自信につながる

統合医療 ウェルネスの権威
ディーパック・チョプラ医学博士が開発した
原初音瞑想の瞑想ティーチャー渡邊愛子さんから

然のセラピーの効果と
瞑想のそれは同じだとお伺いし、
やっぱりそうかと確信した

その効果の1つに
自信がみなぎる、決断力がつく、がある

もちろん、瞑想と同じで
1回や2回では効果は表れないかも知れないが

そうかも知れないという
感覚をつかむことはできる

一貫した夢や希望を持ち
自信がみなぎるとき、
免疫力は下がるであろうか

然セラピーの効果はこちらから↓↓↓
江頭2:50のスピーチはこちらから↓↓↓

関連記事

  1. 「生物はなぜ死ぬのか」を読んで

  2. 木の芽時にセロトニン・トレーニング

  3. 人間は地球にとっての『がん細胞』

  4. 地球があらわれた、虹ように

  5. 東大薬学部 奇跡の「発酵菌」11-1

  6. 答えは、全て自然の営みにある