カウンセリング

パーソナルカウンセリング

1. カウンセリングの目的

一般的に、カウンセリングとは心の状態がマイナスの人を対象に、クライアントが心の整理をするのを目的としています。

しかしながら、真我カウンセリングにおいては、クライアントはマイナスでははなく、愛そのもの、完全完璧で自ら答えを導きだす力を持っていると捉えます。そして、心の整理だけではなくクライアントが愛にあふれた言葉を使うようになり、その言葉、心と一貫して生き方の変革のための行動を取ることを目的としています。このような意味で真我カウンセリングはカウンセリングとコーチングの両方をやっているわけです。

2. 全ての力はあなたの中にある

真我カウンセリングでは、クライアントもしくはクライアントが抱えている人間関係の悩みの対象者(愛があるべきなのにない人)は既に愛そのもの、完璧で完全であると想定して会話をします。その際、カウンセラーがそのクライアント、もしくは愛があるべきなのにない人になりきってクライアントに言葉を返すワークがあります。

相手は満月(太陽)で何も欠けていないという前提で言葉を返すと、カウンセラーはクライアントが驚くほどその人になりきることができます。

相手は何も欠けてはいない、満月だという前提で言葉を返していると、実際に相手になりきる、相手が自然に降りてきて(そうとしか言いようがないのですが)、その人の言葉として発することができるようです。

3.自然の中でのカウンセリング

自然セラピーでは、まず、森に行くと※²転地効果があります。そして、自然と向き合うことで自分を見つめることができるようになり、今、抱えている悩みや問題が軽減しあるがままの自分を受け入れることができるようになります。(自己受容)このように自己受容(=自己承認)が高まることで、コミュニケーションの80%と言われる自分との意思疎通がうまくいきます。

次に、自然、地球と向き合うとそれまで、執着していたことは取るに足らないことだと手離すことができ、より慈愛が深くなり、他者とのコミュニケーションも上手くいくのです。(他者承認)
というのも森林でのカウンセリングにおいては、クライアントとともに森の中で新鮮な空気を吸い、清流の音を聞きながら五感が研ぎ澄まされるので、自分を自然や地球という高次元から客観的に観ることができるからです。そして、自然の中での内観し記述しながら行うカウンセリングは※¹セルフ・カウンセリングの1つだと言えます。

※セルフ・カウンセリングとは渡辺康麿(わたなべ やすまろ)氏が創案した“一人でできるカウンセリング”で、独りで自分の思いこみ(固定概念)から自由になって自分と他者とを再発見する方法です。まず、日常生活の一場面を取り上げて、私たちの“思ったこと”、“言ったこと”、“したこと”を記述します。次に、その場面の記述にもとづいて、私たちの“感情”や“欲求”を洞察してゆきます。そして、どんな欲求から、どんな感情が生まれ、どんな行動が生まれるのかを自己理解してゆく方法です。
最初、インストラクターのナビゲートは必要ですが、記述しながらすすめる真我開発講座やYSメソッドもセフル・カウンセリングの1つの手法です。
※ウィキペディアより

3.料金
カウンセリングは完全予約制です。お仕事や学校の都合で、定休日のカウンセリングをご要望の場合は、ご対応が可能な場合もあります。まずは一度お気軽にご相談ください。

OPEN: 10:00~20:00
CLOSE:水・日曜日

カウンセリングは90分で対面、電話、オンライン(Skype、Zoom、LINE、Messnger通話)で行います。また、カウンセリングセッションのコースは目標達成を支援することを目的としております。

初回限定価格6,000/90分
なお、お電話でのお申込みの場合、ホームページを見たとお伝えください。

カウンセリング(90分) 10,000円

コース
6回のセッション(3カ月契約) 50,000円
10回のセッション(6カ月契約) 80,000円

お支払い方法
・クレジット(Paypal)
・銀行振り込み
ご入金口座 銀行名:中国銀行
支店:津山北支店 普通
口座番号:1420460
口座名義:トヨタ ヒロシ
・現金(対面の場合)

お客様の声

カウンセリングをありがとうございました。
あの後、電車内で手紙を書きました。といっても、スマホにメモ打ちですが。
派遣先の方宛と、派遣元の担当者宛に。その後、派遣元の担当者と電話で話しました。
電話を架けるまでは、怖さが先だってドキドキでしたが。担当者から、派遣先の方と何度となく話し合いを持たれ、うつ病の再々発を懸念して、現職を退いてもらった方がいいのでは、ということになっていると説明を受けました。

真意はわかりませんが、そのように伝えていただいたことに感謝しました。
例えキツネとタヌキの化かし合いが真相だとしても、優しい世の中と受け取っておく方が、今の私には得策です。

「手紙」の効果、テキメンですね。
それをお伝えしたくて、お礼を兼ねてメールいたしました。
また、今日はオマケがついていて、友人からクリスマスプレゼントが送られてきました。 以上