答えは、全て自然の営みにある


(写真は3月6日撮影)

梅を生きる、梅として生きる
その生き方に迷いがあるだろうか

不自然な生き方を止めて
大自然とともに自然農を生きる時、

自ずと安心に至る、満たされる

見失っているのは、
豊かさではなくて、
自然ではないか

答えは、全て自然の営みにある


(写真は3月4日撮影)

なぜなら人自体も
本来は、自然の一部
自然そのものだから

- 沖津一陽著「自然農を生きる」より-

人は地に法り、地は天に法り
天は道に法り、道は自然に法る

人は、天と地の状況、
大自然の恵みによって暮らしている

その天地、大自然は、
根源的な筋道や秩序(=道)に従っている

その秩序は「自然」に従っている

「自然」(=自ずから然り)とは、
他からの影響をなんら受けることなく、
大昔から、それ自体がそのようであるさま
(=あるがまま、ないがまま、そのまま)

自分ではない、
別の誰かになろうとして
満たされないでいるけれど

本当に好きなことが
わからないでいるというけれど

健気(けなげ)に生きる
あるがまま、ないがまま
そのまま、という「幸せになる法則」を
大自然は教えてくれる

関連記事

  1. 3月5日(土) 節分草(セツブンソウ)観察会

  2. 木の芽時にセロトニン・トレーニング

  3. 細胞が若返る、ファスティング

  4. 自然セラピー&自然観察会

  5. 春の皿には苦みを盛れ

  6. ロングブレスという生活処方箋