帯津良一先生からのお葉書き

帯津良一先生から”頑張れ”とお葉書きをいただきました。
一度、いただいたハガキのお返事のお礼を言ったことがあり
その時、『滅多に返事は出さないんだよ』とおっしゃていましたので、有り難いことです。

ところで、『それぞれが普通に動いて場ができる』とは、
どういう意味でしょう。
今まで先生の著書を読んだ限りにおいて、
この世の、この虚空(宇宙)のありとあらゆるものが、
自分らしく、性(さが)を活かしその役割を果たすことが、本来の秩序だった場をつくる。
その場こそが最もエネルギーが高い。
そんな意味ではないかと思っています。

大自然は虚空(宇宙)と人間との中間にあり、
宇宙より身近な存在ですから、
「生命場」の秩序性を手本とするにはちょうどいいということです。

その大自然と同一化できれば、つまり「自然と波動を合わせること」ができれば、
自分の秩序性が高まり、自然治癒力がどんどん高まっていくのです。
著書『自然治癒力』より

大自然と自然治癒力を極めたい、改めてそう決意しました。
ありがとうございます。

 

関連記事

  1. ヘルスツーリズムとしての森林浴ツアー

  2. 人生を楽しむ10の秘訣

  3. 鬼の門の秘密、あそこは生まれ変わる道

  4. 「生物はなぜ死ぬのか」を読んで

  5. 人間は地球にとっての『がん細胞』

  6. 【ご報告】10/16日実施/あばトレッキング&自然セラピー